カメラ初心者におくる知っておくべき名カメラマン、見ておくべき写真集

世界的評価が高い写真界の巨匠・森山大道│カメラ初心者におくる知っておくべき名カメラマン、見ておくべき写真集

森山大道(もりやま だいどう)さんは、1938年10月10日、大阪府池田市生まれの写真家。高校を中退した後、フリーのグラフィック・デザイナーとして活動し、大阪市中央区に事務所を設立。仕事を通じて、写真家たちと交流するうちに、写真撮影に強い興味を抱くようになり、1959年に写真家の岩宮武二さんのスタジオにアシスタントとして入ります。1961年には、写真エージェントVIVO 参加のために上京したものの、解散が決まっていたため参加ができず、元メンバーのひとり、細江英公さんの助手となりました。

1964年に結婚を期に独立し、フリーランスの写真家となります。写真雑誌などで作品を発表し続け、1967年に『にっぽん劇場』で日本写真批評家協会新人賞受賞します。1968年には、それまで撮りためた写真とともに『にっぽん劇場』を再構成した写真集『にっぽん劇場写真帖』を出版しました。1968~1970年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加し、「アレ・ブレ・ボケ」と呼ばれる独特の作風で、写真界に衝撃を与えました。今もなお、斬新な作品を次々に発表する、日本を代表するトップクリエイターです。

■世界的評価が高い写真界の巨匠

森山さんは国内外で大規模な展覧会を開催し、サンフランシスコ近代美術館をはじめ、ニューヨークのメトロポリタン美術館や、パリのカルティエ現代美術財団などで次々と成功を収めています。2012年にはロンドンのテート・モダンにて、写真家のウィリアム・クラインとの二人展『William Klein + Daido Moriyama』を開催し、世界中で話題を集めました。また2016年に開催されたカルティエ現代美術財団での個展『Daido Tokyo』では、デジタルカラー写真の『TOKYO COLOR』と、モノクローム写真の『犬と網タイツ』の2作品が展示され、観客に大きな衝撃を与えました。森山さんのモノクローム写真のスタイルに影響を受ける若い写真家は、国内外に多くいます。 1991年にはファッション・ブランド『ヒステリックグラマー』から依頼を受け、1993年に『Daido hysteric no.4』、1994年に『Daido hysteric no.6』、1997年に『Daido hysteric no.8』の3冊の大型写真集シリーズを発表しています。

■インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞

森山さんは、1958年に日本写真批評家協会新人賞を受賞してから、これまで数多くの賞を受賞しています。毎日芸術賞や日本写真家協会年度賞、ドイツ写真家協会賞を受賞。2012年には、日本人として初めて、ニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を受賞しました。 写真集の中では、1972年の『写真よさようなら』が、森山さんの代表作のひとつとして知られています。雑誌『写真時代』の連載を一冊に集成した、1982年発売の写真集『光と影』では、日本写真協会賞を受賞しました。1987年発売の『仲治への旅』は、敬愛する写真家の安井仲治にオマージュを捧げた写真集。2015年発売の撮りおろし写真集『犬と網タイツ』では、全点モノクロのタテ位置写真が収録されています。

■「最終的に良い1枚が写ればいい」

森山さんは写真教育にも携わっており、東京工芸大学客員教授や京都造形芸術大学情報デザイン学科客員教授、専門学校東京ビジュアルアーツ顧問を務めています。過去には、ワークショップ写真学校や東京写真専門学校の講師を務めた経験もあります。

長年写真界の第一線で活躍する森山さんには、数々の名言があります。「撮りたくなったら、どんなカメラでもいいから目のまえにあるカメラで撮ります、たとえそれが『写ルンです』でもポラロイドでも大型カメラでも、これでなくてはなんてことはまったくないです」、「デジタルはダメだとか、僕の美学に合わないなんてことはない。最終的に良い1枚が写ればいい。写真家にとってはそれがすべて」といった言葉が有名です。