カメラ初心者におくる知っておくべき名カメラマン、見ておくべき写真集

昭和を代表するリアリズム写真家・土門拳│カメラ初心者におくる知っておくべき名カメラマン、見ておくべき写真集

土門拳氏は、第二次世界大戦後の日本を代表する写真家の一人です。日本写真界の革命児と呼ばれ、著名人や庶民などの肖像写真、寺院、仏像、風景など、様々なジャンルの作品の数々を残しました。また「絶対非演出の絶対スナップ」と独自のリアリズム写真を確立し、戦後の写真界に大きな影響を与えた人物です。

さらに文才にも恵まれ、写真界屈指の名文家としても知られています。著書には『死ぬことと生きること』、『写真作法』、『写真批評』、『写真随筆』、『拳眼』、『拳心』、『拳魂』などがあります。エッセイ『死ぬことと生きること』の中に、「気力は眼に出る。生活は顔色に出る。年齢は肩に出る。教養は声に出る」との言葉があります。

■昭和を代表するリアリズム写真家

土門氏は、1909年10月25日、山形県酒田市生まれ。6歳まで酒田市で暮らし、東京に一家で移住。1933年より、東京にある宮内幸太郎氏の写真場で撮影の基礎を学びます。1935年から1939年までは、名取洋之助主宰の日本工房に所属し、報道写真の技術と精神を身につけました。

1959年に脳出血で倒れ、35ミリカメラの操作が困難になると、大型カメラによる撮影をスタート。土門氏は、作品発表の場として展覧会よりも写真集を重視しました。日本の美を独自の視点でとらえた『古寺巡礼』全五集では、撮影から製本の一部始終にまでこだわり、定価が23,000円と、桐箱入りの高価なものでした。1971年には、『古寺巡礼』の業績に対し、第19回菊池寛賞を受賞しました。土門氏の名言のひとつに「アマチュア時代というものは僕には一日もなかったのだ。僕は最初からプロだった」との言葉があります。土門氏は、1979年に脳血栓で倒れ、11年間の闘病生活の後、1990年9月15日に80歳で死去しました。

■数々の賞を受賞

1954年に出版した写真集『室生寺』は、土門氏が心血を注いだ最高傑作と言われており、第九回毎日出版文化賞受賞。ほかにも土門氏は菊池寛賞、紫綬褒章、日本写真協会年度賞など数々の賞を受章しています。

土門氏の写真集としては、1958年に出版された『ヒロシマ』は、原爆投下の13年後の広島に向き合った作品で、海外でも反響を呼んだ一冊です。写真集『筑豊のこどもたち』は、1959年暮れの九州 筑豊炭田の厳しい現実を、こどもたちの動作や表情を中心にとらえたリアリズム写真を集めた一冊であり、土門氏の原点ともいうべき作品です。これらの作品により、土門氏は報道写真家としての名をはせました。

日本の伝統文化に深い愛情を注いだ土門氏は「日本人としての僕は、どこの国よりも日本が大好きである。そして、日本的な現実に即して、日本的な写真を撮りたいと思っている」との名言も残しています。また土門氏を敬し、1981年に毎日新聞社が写真賞『土門拳賞』を設立しました。『土門拳賞』は、写真界の直木賞とも言われています。

■出身地に『土門拳記念館』をオープン

土門氏は1974年に、出身地である酒田市の名誉市民第一号となりました。故郷を愛した土門氏は全作品約7万点を酒田市に寄贈し、1983年10月には写真展示館『土門拳記念館』がオープン。この記念館建設のため、全国から約1億円もの寄付が集りました。

『土門拳記念館』は、日本で初めての写真専門の美術館であり、世界初となる個人写真記念館でした。記念館では土門氏の全作品約70,000点を収蔵するとともに、年数回の展示替えをし、多くの人が訪れます。また『土門拳記念館』は飯森山文化公園内にあり、季節によって八重桜やアジサイなどが見頃となり、散策も楽しめます。『土門拳記念館』は、設計を土門氏と交友があった谷口吉郎氏の長男で建築家の谷口吉生氏、彫刻をイサム・ノグチ氏、銘板を亀倉雄策氏、造園設計・オブジェを勅使河原宏氏が担当しました。